スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ももくり3ねん

「モモ誕2011」に寄せられた動画を観ながら思ったこと。 「みんな気合入りすぎです…(汗」


モモさんが3才になったというコトはつまり モモさんが生まれて(デビューして)から3年が経ったというコトですね。 3年って短いようでいて結構長いです。 あれから もう3年も経つのかぁ… とか言ってみたものの 私がモモさんに出会うのはそれから一ヶ月ほど経ってからなのでした。

ミクさんから「MikuMikuVoice」経由で「UTAU」に辿り着いたコトは 以前どこかで書いたような気がしますです。 当時 UTAUで使われていた音源は 「デフォ子(UTAUデフォルト)」さん 「重音テト」さん 「桃音モモ」さんの3つだけでしたです。 ──この記述は正確ではないのですが 印象としてはそんな感じだったように思えますです。 当時 この3キャラだけがビジュアルを持っていたコト(私が出会った頃 モモさんにはすでにビジュアルがあったです)も そういう印象を強くしてる要因かもしれませんです。
その頃から テトさんは別格でした。 というか、おそらく間違いなく 「UTAU」よりも「重音テト」の方が知名度は高かったと思いますです。 ところで 私はテトさんのデビュー前後は忙しくてニコ動見れてなかったです。 結局 テトさんの出自を知るのも もう少し後になりますです。 そんな理由もあってか 私はテトさんも普通にUTAU用の一音源としか見てなかったような気がしますです。
さてはて そんな三人娘の中で私が気に入ったのはモモさんでしたです。 「モモさんは やればきっと出来る子!」とか 考えていたですけど、それは 飴屋さんの「モモさん版 ガーネット」を聴いて ほとんど確信に変わり、ついには 自分でUTAわせてしまうに至ってしまいましたです。 私の初動画に 上の動画についている「桃音向上委員会(夏)」というタグをつけてみたくはあったのですけど、DTM始めて3日で上げたような作品には 恐れ多くてつけられませんでしたです。

そんなこんなでモモさんを応援するべく 動画を作りはじめたワケですが、「Do-Dai」をUTAわせた動画で 何気にほとんどラクガキレベルの絵をつけたら 結構反響があって、なんだかその勢いのままモモさんの立ち絵を描くコトになってしまいましたです。 思い返してみれば この時点ではテトさん以外のUTAU用音源の動画にキャラクターなんとか機以外のキャラ絵がつくコトは ほんの数例しかなく、きわめて異例なコトだったようです。(いぬへびPさんの ちび絵はここではカウントしてませんです。スミマセン)
ところで この立ち絵は後に描き直すコトにはなるのですが 結局モモさんの公式絵になってしまい、雑誌でモモさんが紹介される際にも使われたりして 意外に役に立ってしまうのでした。

この頃からUTAU用の音源が増え始めます。 初めのウチは 新音源が登場すれば聴かれて 使われて 曲が作られて ファンが付いて と良い感じに回転していたのですが、だんだん供給が需要をオーバーするようになり 新音源が登場してもすぐに埋もれてしまうという状況に陥ってしまいましたです。 そんな 埋もれる危険性に立たされてしまうのは なにも新音源さんに限った話ではありませんです。 モモさんにだってその危険性は当然あったワケで、せめて忘れられないように 私 頑張ったですよ。 私の頑張りが効を奏したのかは分かりませんですが とりあえずモモさんが忘れられるという事態は避けられたようです。
そして UTAU用音源キャラのMMD進出が始まりましたです。

ななみさんが モモさんのMMDモデルを製作していると聞いて嬉々としていたのですが ひとつ心配なコトもありましたです。 ソレはモモさんが無名であったコト。 勿論その当時でも UTAU用音源の中では5本の指に入るくらいに使われていましたですし UTAUというジャンルの中では充分有名な音源ではありましたですけど、UTAUというジャンルの外に飛び出すなら話は別で、そんなモノには何の意味も無いと思った方が良いです。 実際 当時のモモさん関連の動画数は200くらいしか無かったハズです。 MMDに進出しても知らない人が多いであろうコトは想像するに難くなく、ミクさんと同じように声を持ったキャラクターでありながら 声は聞いてもらえずビジュアルだけが一人歩きしてしまう可能性もあったワケです。 ななみさんのモデルは可愛いですから特に。
そんな訳でMMDも頑張りましたです。 目標はMMD動画の視聴者に出来る限り早い段階で UTAUのキャラには声が付属しているという事実を印象付けるコト。 一度そういう認識を持ってもらえれば その後は声のあてられていないUTAU用音源キャラが登場する動画を見た場合でも そのキャラの声を気にしてもらえるかな と思ったです。 声持ちのキャラクターが声を聞いてもらえないのはやっぱり悲しいコトだと思うです。

とかいう心配をよそに、その後に登場するデフォ子さんと共に テトさんとモモさんも含めたいわゆる「UTAU三人娘」は なんだか思ってたほどのビジュアルの一人歩きも無く わりと普通にMMDに受け入れられたような気がしますです。 特に デフォ子さんのMMDでの活躍は目覚ましかったです。


なんかつらつらと長くなりすぎた気がするので つづきはまた今度いつか書きますです。
──というかコレ 読んで面白いのかしら??
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

ぷろふぃーる

ももももP

Author:ももももP
このような辺境の地へようこそ!

音楽知識なんてサッパリな素人が「UTAU」と「桃音モモ」さんで遊んでます
気がついたら「ももももP」という大層な名前をいただいていました
そして「UTAU」の世界にどっぷりハマってました

ニコニコ動画に投稿した作品です

かれんだー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新こめんと
最新とらっくばっく
月別あーかいぶ
かてごり
UTAぴあの♪
りんく
RSSりんくの表示
検索ふぉーむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。