スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの考えた○○○

「ぼくの考えたひみつ道具」といったモノがあります。「ドラえもんの持つひみつ道具にこんなのを考えてみたよ」というモノです。
基本的には仲の良い友達の間で ネタにしてわいわい遊ぶといったローカルなモノなのですが、時には雑誌上や番組内でコンテストが開かれたりして 大きく取り上げられるコトもあります。

「ぼくの考えたポケモン」「ぼくの考えたモビルスーツ」… 似たようなモノは いくらでもあります。最近の「ボカロ亜種(創作ボーカロイド)」の流れも たぶんコレとそんなに変わらない気がします。べつにボカロに特有な現象という訳では無いというコトです。
ただ「ぼくの考えたボーカロイド」の場合、ボーカロイドの大前提である「自由に歌わせるコトのできる声」が容易にはつけられないという問題が残ります。想像でしかありませんが「つけられるものなら つけてみたい」と考えてる人も少なくないと思います。


で、この「自由に歌わせるコトのできる声」をつける方法、あるわけですよ。 「UTAU」です。


「UTAU」に提供された数ある音源の中には このような「ぼくの考えたボーカロイド」に近いノリで作られたモノもあるかも知れません。 というか実際にありそうです。 たぶん間違いなくあるでしょう。
…よく考えたら「重音テト」さんが そのものズバリな気が。 UTAU使いにとっては 当たり前のようにソコにいるので気づきにくいですけど、やっぱり「重音テト」さんの誕生の経緯は特殊すぎます…orz

べつに誕生の経緯についてとやかく言うつもりはありません。「出会い」や「きっかけ」なんてものは基本的に本人にはどうしようもないモノですから。大切なのはその後の付き合い方だと思います。
「ぼくの考えたボーカロイド」に「UTAU」で声をあてた場合 色々と妥協しなければいけないコトも多いと思います。オリジナルの声で自由に歌ってくれるコトに感動するのと同時に 思い描いていた理想の歌声とのギャップに失望も感じたかも知れません。「UTAU」で声をつけたことにより 予想もしなかった方向から辛辣なコメントをもらうかも知れません。「UTAU」と「ボカロ亜種」の間には色々と考え方の違いがある訳です。必ずしも「UTAU」側の言い分が正しいとは言いませんが 色々と折り合いをつける心の余裕は必要だと思います。

あと「UTAU」で声をあてた結果 「ボカロ亜種」とは呼ばれなくなる可能性はあります。それでも「ボカロ亜種」だと言い張るのは自由ですが、オリジナルの要素が強ければ強いほど 見た人にボカロとの関連性を認めてもらえずに 単純に「UTAUキャラ」としか認識されなくなってしまうようなケースは想像できます。
まぁ ボカロだけが世界の全てではないです。UTAUの世界も結構良いものですよ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ぷろふぃーる

ももももP

Author:ももももP
このような辺境の地へようこそ!

音楽知識なんてサッパリな素人が「UTAU」と「桃音モモ」さんで遊んでます
気がついたら「ももももP」という大層な名前をいただいていました
そして「UTAU」の世界にどっぷりハマってました

ニコニコ動画に投稿した作品です

かれんだー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新こめんと
最新とらっくばっく
月別あーかいぶ
かてごり
UTAぴあの♪
りんく
RSSりんくの表示
検索ふぉーむ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。